facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

リンドグレーンを紹介する最大規模の回顧展


07.28[土]~09.24[月] / 東京都 / 東京富士美術館


長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

イングリッド・ヴァン・ ニイマンのイラストによる当時のイメージ画(1940年代後半) ©Ingrid Vang Nyman/Saltkråkan – The Astrid Lindgren Company

東京富士美術館で開催される「長くつ下のピッピ」の作者リンドグレーンがテーマの展示イベント

日本でもロングセラーを続けている、スウェーデン( 1907-2002年)の児童文学作家、アストリッド・リンドグレーンの『長くつ下のピッピ』をはじめとした、代表作品の原画や原稿、リンドグレーンの愛用品等約200点で紹介する最大規模の回顧展「長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」が開催される。展示はほとんどが日本初公開となる貴重な資料となっている。

展示では北欧文化とライフスタイル、自然との共生、スウェーデン流子育てといったテーマにも焦点をあてリンドグレーン の作品世界を通じて紹介する。

◆アストリッド・リンドグレーン
スウェーデン(1907-2002 年)出身であり、世界的に有名な児童文学作家。その著書は、全世界 100 ヵ国語以上で翻訳されており、出版部数は総計 1億 6000万部に上る。子どもの人権や動物の権利の擁護者としても知られ、あらゆる虐待に反対の立場を表明している、オピニオンリーダーでもあった。男女同権、女性の社会進出や男性の育児参加があたりまえの北欧社会における、先進的な女性としての先駆的存在でもある。

◆日時
2018年7月28日(土)~9月24日(祝・月) 

◆場所
東京富士美術館(東京都八王子市谷野町492−1)


(2017年12月24日時点の情報)
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ
「この展示は、日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念という形で行われます。長くつ下のピッピは、幼少の頃読まれた方も多いのではないでしょうか。とてもたくましく、頼りになる女の子という印象がありましたね。
今思えば、たしかに北欧社会における、先進的女性像の一端があったかもしれません」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都八王子市谷野町492−1
会場 東京富士美術館
開催日時 2018年07月28日~2018年09月24日 00:00~00:00
料金
TEL/FAX /
MAIL
参考URL
ドレスコード
アクセス
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。

Link 関連・その他のイベントリンク

>横山三国志ファンもビックリ「げえっvsむむむ with美女図鑑」。「甘寧一番乗り!」パネルに、饅頭マスコットも

>おっぱいオブジェ、髪の毛、さまざまな欲望が込められた「奉納」の形。小嶋独観『奉納百景』

>水族館に恐ろしい人魚が出現! ホラー水族館「あやかしの人魚」体験レポート




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.